過払い金とはこんなお金のことです

テレビやラジオで過払い金返還請求という言葉を聞いたことがあるのではないかと思いますがこの過払い金とはどのようなお金のことをいうのかご存知でしょうか。
過払い金とは利息の上限額を超えて請求されたお金のことを言います。


それではなぜそのようなお金が発生してしまったのでしょうか。

消費者金融からお金を借りた場合に支払う利息は業者が自由に設定しているわけではありません。

法外な利息を請求しないようにするため、利息制限法によって利息の上限額が決められています。

しかし、利息にはもう一つ出資法の上限額があり、この上限額を越えなければ刑事罰には問われませんので、ほとんどの消費者金融が利息制限法以上出資法未満の利息を請求していたために本来は支払う必要のな過払い金が発生してしまいました。

この過払い金は消費者が返還請求を起こさなければ返還されないというデメリットがありますので、消費者金融から借り入れをしていた過去がある場合、現在借り入れを行っている場合には過払い金が発生しているかどうかを確認してみましょう。


過払い金が発生しているかどうかを確認するには、消費者金融から取引履歴を取り寄せて利息の再計算をすることで過払い金の有無がわかります。過払い金が発生しているということがわかったら、返還請求手続きを行って払いすぎたお金を取り戻します。ただし、返還請求には完済日から10年以上経過してしまいますと、時効によって返還請求をすることができなくなります。

完済している場合は早急に手続きを行わなければお金を取り戻すことができなくなってしまいますので、注意が必要です。


また、倒産してしまった消費者金融からはお金を取り戻すことができません。いわば返還請求は先に手続きをしたもの勝ちというわけです。

過去に借り入れを行っていたことのある場合には消費者金融が倒産してしまう前に弁護士や司法書士などに相談して過払い請求で大切なお金を取り戻しましょう